世界で唯一の和泉蜻蛉玉 専門店

電話でのお問い合わせは072-224-2670

メールでのお問い合わせはこちら

和泉蜻蛉玉とは

和泉蜻蛉玉とは?(現在は山月工房のみで製造・販売しています。)

和泉蜻蛉玉とは、和泉国でのみ製作されてきた とんぼ玉(ガラス玉)の歴史を正当に継承した技術・技法・
材料で製作された とんぼ玉(ガラス玉)の事です。
先代 小溝時春が逝去後は、長女の松田有利子・大阪府伝統工芸士第85号が製作しております。
和泉蜻蛉玉の歴史・技法・材料などには詳細な規約がございます。
*大阪府の和泉市で製造されている蜻蛉玉ということではなく、
 現在は山月工房(山月工房の工場が偶然和泉市にある)でしか製造されていません。
 大阪府伝統工芸士(とんぼ玉作家とはちがいます)が製作する。これが伝統工芸品「和泉蜻蛉玉」なのです。
(全国的に見ても、現在 経済産業大臣の指定する伝統的工芸品に準ずる都道府県知事が指定する
伝統工芸品に指定されている蜻蛉玉を製造しているのは、大阪府にある2件、藤村とんぼ玉工房(蜻蛉玉)と
山月工房(和泉蜻蛉玉)だけです。


製造工程
(主な製造工程)
                
模様出し
複数の棒ガラスを束ね組み合わせを
変える事で色の変化をもたせる。

玉巻き
芯に溶かしたガラスを巻きつけ丸くする。

模様付け
加熱したガラスに粉砕したガラスを
付着させ、再度加熱する。

型入れ
金型を用いて行う

冷却
灰を用いて冷却する。

とんぼ玉とは?

とんぼ玉とは、ひも通し穴が開いた硝子玉の事をいい 古くは権力の象徴として又、お守りや美しい装飾品と
して使用されてきました。
ほとんどの とんぼ玉には文様があり古くは地方により制作方法・色・文様が異なり一様ではなかったため
とんぼ玉の成分・色・文様をを分析する事により歴史の解明につながる重要な役割も担っています。

和泉蜻蛉玉の歴史

古くは奈良時代以前よりの歴史。
神功皇后が三韓征伐の帰りに高麗より硝子玉の技術者を連れ帰り 浪花朝廷に近い和泉国(現在の堺市)で硝子玉の製作を始めた事より この地の硝子玉の歴史が始まりました。

江戸時代には、泉州玉・さかとんぼと呼ばれ全国的に有名であったようで、かんざし・玉すだれなどの商品を各地に納めていました。

明治時代始め頃、池上村(和泉市内)の神山喜代松氏が堺市内にて硝子玉の技術を習得し地元(池上村)でその技を公開した事がきっかけで和泉市内ではガラス業が繁栄。

昭和50年代頃より安価な中国製品におされ和泉市内の硝子玉職人は激減し苦しい時代が続きました。

平成に入り気付けば、硝子玉専業者(専業職人)は、山月工房先代 故 小溝時春 只、一人となり その貴重な歴史・技術の保存活動を始める事となる。活動を始めるにあたり山月工房では、和泉国でのみ製作されてきた硝子玉を「和泉蜻蛉玉」と名称し技術や歴史の保存活動を始め平成14年「和泉蜻蛉玉」は大阪府知事指定 伝統工芸品「和泉蜻蛉玉」となり現在に至ります。

<歴史について>
和泉蜻蛉玉の歴史は、山月工房二代目 松田有利子が約8〜9年未調査文献なども含め調査し指定委員会を
経ております。

歴史調査時には、歴史・資料館の皆様や とんぼ玉関連の著者の皆様方・歴史文献に残る方のご家族
(お孫さん・娘さん)に大変な協力をいただきありがとうございました。
古い文献や実際にその時代の仕事振りを見聞き(伝え聞き)してきた皆様のお話は、現在も山月工房でしっかり
活きづいています。


山月工房の歴史 創業70年

先代と 道具 材料
戦後間もなく(昭和20年頃)先代 小溝時春ガラス業に従事し叔父よりその技術を習得。
小さな工場を構え硝子玉業に専念、後の山月工房始まり。

昭和50年代の安価な中国製品におされた苦しい時期にも、外国では真似できない製品の注文が入り細々と続けて
いく事ができ平成に入ってからは、歴史保存活動とともに全国の有名百貨店などで展示販売を始める。

平成14年 大阪府知事指定 伝統工芸品「和泉蜻蛉玉」が指定。唯一の製作産地として山月工房の活動が始まる。
平成15年 先代 小溝時春が大阪府伝統工芸士 第78号に認定される。
平成16年 先代 小溝時春 永眠。
平成16年 長女の松田有利子が山月工房 二代目後継。
平成17年 松田有利子が大阪府伝統工芸士 第85号に認定。

 主な受賞経歴・活動経歴
<小溝時春>
平成12年 大阪工芸展 入選
平成13年 大阪工芸展 入選
平成14年 小溝時春 大阪工芸展 大阪伝統工芸品産業振興協議会長賞 授与

<松田有利子>
平成14年 松田有利子 大阪府伝統工芸後継者作品展 知事賞授与
平成22年 世界遺産 平等院 阿弥陀如来坐像の飾り(瓔絡)ガラス玉の復元
平安時代の復元 新聞
平成23年 青龍弁才天お前立ち像 宝冠ガラス玉制作(江戸時代の模刻)
弁才天





  • 商品一覧
  • 彩りネックレス
  • 彩りブレスレット
  • ピアス・イヤリング
  • とんぼ玉 小玉
  • まが玉
  • 根付けストラップ
  • 彩りイヤホンジャック
  • 「和」 帯留め
  • 彩り メガネチェーン
  • 彩り ちぎり(契)
  • 彩り かんざし

ショップ情報

山月工房

堺店
堺タカシマヤ南館5階
〒590-0028
大阪府堺市三国ヶ丘御幸通59
TEL.072-224-2670
FAX.072-224-2671

〒594-0065
大阪府和泉市観音寺町862-5
TEL.0725-46-2670
FAX.0725-38-2670
info@izumi-tombodama.com
→ショップ案内

    大阪府知事指定
  伝統工芸・伝統工芸士の説明
大阪府知事指定伝統工芸品とは

和泉蜻蛉玉の歴史  山月工房の歴史和泉蜻蛉玉とは